Blur中心の適当メモ
    nideradio.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索
最新の記事
information
at 2013-06-01 00:00
Kraken Club, D..
at 2013-05-31 00:00
Entertainment ..
at 2013-05-31 00:00
RollingStone
at 2013-05-29 00:00
LawCareers.Net..
at 2013-05-29 00:00
Legal aid, Gu..
at 2013-05-28 00:00
PRIMAVERA SOUN..
at 2013-05-25 00:00
PRIMAVERA 0
at 2013-05-25 00:00
Pattern and Be..
at 2013-05-24 00:00
NME, RTP, Prim..
at 2013-05-23 00:00
-

タグ:radiohead ( 1 ) タグの人気記事

Spin, Sun (Alex James)

e0253760_23121445.jpg

Spin

レディオヘッド97年のNYC公演ゲストリスト(via)
Robbie Williams: My nan could be in Blur

ロビー・ウィリアムス、ブラーのアレック・ジェームスのベースなら自分の姉貴にだって弾けると語る

ロビーは自身の楽曲にちなんだラジオ番組風トーク番組『ラジオ・ルードボックス』を制作して公開しているが、そのなかで90年代にアレックスと出会った際には「邪険にされた」と語っていて、「アレックスはブラーのベースなんだけど、あんなもんならぼくの姉貴にだって弾けるよ。髪型さえあんな感じにすればいいだけの話だからね」と語ってみせている。

ロビーがアレックスと初めて会ったのはマンチェスターで収録が行われたテレビ番組でのことで、当時テイク・ザットとして活動していたロビーはまだ16歳だったとか。当時を振り返ってロビーは次のように語っている。

「今振り返ってみると、当時のブラーっていうのは中流特有の苦悩にちょっとさいなまれてる感じだったね。アイドル・グループに当時所属していたぼくとしては上から目線を感じて、靴の下で踏みにじられているうんこになったような気分だったよ」

ただ、デーモン・アルバーンについては「堂々としたソングライター」と形容し、グレアム・コクソンについては「ソロ・アルバムはどれも大好き」だとし、ドラムのデイヴ・ロウントゥリーについては「素晴らしい政治家になるだろう」と、アレックス以外のブラーのメンバーのことは褒め称えている。さらにロビーはエラスティカのメンバーとヘロインをキメたことがあることや、パルプのジャーヴィス・コッカーと詩の朗読をグラストンベリー・フェスティヴァルで行ったエピソードなども紹介し、ブリット・ポップ期の群像を解説してみせている。(via:Sun, ro69)
[PR]

by nide_radio | 2013-04-09 22:00 | BLUR

CONTACT

Page Top